IKEBANA kaho

コンセプト

生け花

より良い地球環境をめざし、そこに暮らす人の「今」と未来の人の「今」のため、異なる考えや文化を理解し、調和となる工房を目指し、社会への貢献をしていく。顧客満足のために大切なことは、顧客、スタッフ、会社の3者の関係が理解と調和に満ちたものであり、かつ顧客ひとりひとりが抱く期待を超えるものでなければならない。自然を愛しむこと、家族を愛しむこと、存在するさまざまなコミュニティーを愛しみ、それらの恩恵を受けて人は育ち、次世代に贈る文化が継承されていくことを認識した工房である。

生け花サイエンス

定期クラス/ワークショップ
「生け花サイエンス」

日本文化と個人の感性を大切にし、流派やジャンルに拘らない独自スタイルの生け花クラスです。生け花の発生や自然科学の大切さを理解し、個人の感性が更に開花し続けることを目標にしています。
詳しく見る
いけばなウェディング

「いけばなウェディング」

結婚式を挙げられなかったお父さんお母さんに、結婚式をプレゼントしませんか?これまでの両親の人生をウェディングという華やかさの中に感謝とともに織り込んだ、生け花で装花するたった一つのウェディング。生きてきた証を家族で共有し、さらにつながり、さらにひろがる家族の為の結婚式。
詳しく見る
生け花

生け花用雑貨の製作と販売
「あとりえ kaho」

作家によるデザイン。これまでの不便さを解消した機能性のあるものを製作。
お問い合わせ

主催

華萠(kaho)

徳島県出身。小学校1年生のときに生け花「未生流」に入門。結婚後、生け花の師範を目指すため「池坊」に入門。正教授一級を取得後、生け花のクラスを開設。昭和58年、地元小学校のPTAからの依頼で生け花サークルを開始。2時間で約30人を指導することもあり、多くの方に接することからそれが今日の考え方の基盤となっている。平成26年「Green Global Cultural Shop 合同会社」を設立。平成27年「IKEBANA kaho」を設立。令和元年「いけばなウエディング」スタート。