IKEBANA kaho

コンセプト

さらにつながる家族 さらにひろがる家族 家族のためのいけばなウェディング

移り変わる季節の中で日々の暮らしを営む日本人。そこで生まれた「生け花」は風土と暮らしを織り成しながら「空間のアート」へと成長しました。一般的にウエディングは西洋からやって来た「フラワーアレンジメント」で装花されています。とてつもなく多い花の数。それに伴う費用も高額になりがち。空間をアートに取り込む「生け花」による装花は、ホスピタリティー面だけでなくコストメリットも大きくなります。費用や様々な事情で結婚式を挙げなかった夫婦、バウリニューアルなど家族と共に結婚式を行いたい方への提案ある式をお届けします。

生け花

結婚式を挙げられなかった、ふたりのために

結婚式を挙げず後悔している方々にもお届けできる「いけばなウェディング」。経済面で結婚式を挙げられなかった方、祝福される機会がなくて後悔している方にとって、思い出深い素敵な時間を生け花と共にお届けいたします。

生け花

結婚式に参列できなかった、子どもたちのために

子どもは自分が生まれる前の両親のことを知る機会があまりありません。両親もまた同様に、子どもたちの胸の内を知る機会がありません。「いけばなウェディング」は、より家族のつながりや広がりを強くする「家族のためのウェディング」。生け花は、華やかさの演出を弱めることなく費用を抑えることで、気軽に挙げられる結婚式をお届けいたします。

結婚式を挙げられなかったお父さんお母さんに、結婚式をプレゼントしませんか?プレゼントウェディングを通して、今まで知らなかったご両親のこと、ご両親が知らなかった子どもたちのことを知ることで、家族がさらにつながるウェディング。これまでの両親の人生をウェディングという華やかさの中に感謝とともに織り込んだ、生け花で装花するたった1つのウェディング。